« お買い物 雑誌 | トップページ | 買ってきました!京ぽん2 »

2005年11月24日 (木)

無線LANアクセスポイントの落とし穴

我が家の無線環境はコレガの「CG-WLAPGMN」をAPにして、
ノートPCやリナザウ、デスクトップPCなどが
接続しているのですが、端末側の速度が11bや11gの混在なので、
APの設定でb/g併用にしていました。

ノートPCで録画していたビデオを再生していると、
スペック的に問題ないはずなのに、コマ落ちの嵐。
試しに11gだけにすれば、どうかなーと思って設定を
変更して、APを再起動してみても、まだ、コマ落ち。
再度APの設定をしようと確認してみると、まだb/g併用の
ままで前の設定が反映されていない罠。
最新ファームを確認してみると、バグで反映されないという
記述があって、追い打ちの罠orz

最新ファームに更新して、11gだけで接続すると、見事に
コマ落ちしなくなって安心して動画鑑賞を。
11bでも11MbpsまでOKだから、6Mbpsの動画はOKなのに…
(今まではノートでは動画見ない or 有線LANで見ていた)

引退していた11bしか端末が無かった頃のAP「CG-WLAPRS11」を
再度復活させないと、リナザウなどの11b端末が繋げなく
なってしまうので、AP2個体制に…
電気代節約とセキュリティの為に1台にしてb/gを併用に
していたのに…

おそらくb/gで速度が違うのだから、割り込みタイミングを
合わせる処理で、動画がコマ落ちしていたのかな。

TVで見るつもりでアイオーデータ「AVeL LinkPlayer AVLP2/G」も
最初は無線で繋いでいたけど、コマ落ちの嵐だったから、
有線LANにしてしまった。AP側で11gオンリーにしたから、
良くなるかもしれないけど、ケーブル引き回ししてしまったから、
もうこのままでいいかな。

|

« お買い物 雑誌 | トップページ | 買ってきました!京ぽん2 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17241/7300993

この記事へのトラックバック一覧です: 無線LANアクセスポイントの落とし穴:

« お買い物 雑誌 | トップページ | 買ってきました!京ぽん2 »