« zaurusでmanを見たい | トップページ | zaurusに無線LAN »

2005年11月11日 (金)

VMWare PlayerをLinuxに入れて動かしてみた。

どうやら、VMwarePlayerはVirtualPCで作ったイメージも動かすことが
出来るらしいので、仕事で検証用に作った、VirtualPCのWindows2000の
イメージを引き渡してみた。
すると、どうでしょう、見事にVMwarePlayerで動き出しました。(リフォーム番組風)

vhd/vmcファイルから、いろいろVMware用の定義ファイルやディスクイメージファイルを
作成しだして、全部で9ファイルも作って、できあがり。
vmxファイルの中をみると、VPCのディスクはSCSIとしてマウントしている模様。

Windows上で変換したイメージが作れて、動作もOKだったので、さくっと
ノートをリブートして、SuSE 9.3を起動。

Playerのrpmをインストール。
そしてvmplayer-configを実行して質問攻めに答えていく。
面倒なので、全部デフォのままで、適当に答えていく(ぉ
終わったら、vmplayerとコンソールで入れれば、起動するので、
先ほど変換して出来た、vmxファイルを指定すれば、見事起動。

これで、Linuxの上でも、Windowsが使えることが解ったので、
時間があれば、Linux環境を整備して、メインで使えるように
したいかもしれない。

でも、まぁ、ノートPCでACPIがしっかり働くようになればの
話なんだよなぁ。

|

« zaurusでmanを見たい | トップページ | zaurusに無線LAN »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17241/7047076

この記事へのトラックバック一覧です: VMWare PlayerをLinuxに入れて動かしてみた。:

« zaurusでmanを見たい | トップページ | zaurusに無線LAN »