« 「濃厚豚骨醤油ラーメン 真骨頂 スナック」を食べてみた。 | トップページ | 追加カテゴリが消えるのは、もしかして仕様か? »

2005年12月15日 (木)

「ある日、爆弾がおちてきて」読了

全編短編集でSFテイストな、ボーイミーツガール小説。
作品中の小道具として、SFがアクセントになっているだけなので、
あまり難しく感じることなく、読めます。

「むかし、爆弾が落ちてきて」の、60年前に時空間爆弾で、
閉じこめられてしまった少女と、少年の交流(?)の話は、
時間が止まってしまうというギミックを面白く使っている
作品で、なかなか楽しめました。
しかし、作中でも説明しているけど、少年あんなことしたら、
死ぬよなぁ…

ハイウェイ*スター(絵師HP)

ランキング参加中なので、
宜しかったらクリックお願いしますm(__)m

|

« 「濃厚豚骨醤油ラーメン 真骨頂 スナック」を食べてみた。 | トップページ | 追加カテゴリが消えるのは、もしかして仕様か? »

読了・電撃文庫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17241/7625363

この記事へのトラックバック一覧です: 「ある日、爆弾がおちてきて」読了:

« 「濃厚豚骨醤油ラーメン 真骨頂 スナック」を食べてみた。 | トップページ | 追加カテゴリが消えるのは、もしかして仕様か? »