« 東証システム、耐用期限過ぎていた。導入は10年前 | トップページ | 「いただきます」って言ってますか? »

2006年1月24日 (火)

今日は、MX1000にしびれてみる

ロジクール社製レーザーコードレスマウスの
MX1000 Laser」を買って、しばらく使ってみた感想。

結論
「値段高いだけある!マウスに不満ある人は買い!
でも、手が小さい人には、少し使いづらいかも。」

DSC01230_R

我が家では、今ではレアなパイオニアのガラス製マウスパッドを
使用しています。ボールマウスとのコンビでは最強な組み合わせで、
真っ平らで使いやすく、微妙なマウス操作ができるし、汚れても
簡単に洗えるしで、かなり快適な操作ができます。
写真は、予備の未開封品。定価って7800円もしたのかorz

ガラスだけあって、今時の光学マウスは全滅で、まったく動きません。
そして、光学マウス自体に、良い印象が無いので、これまでは
ボールマウスを愛用し続けていました。
しかし、いい加減同じマウスを3個も使っていると、混信(?)するかで、
最初の挙動がおかしいので、いつかはレーザーと思っていました。

DSC01231_R

数日悩んだ末、購入したMX1000は、まさに理想的なマウスでした。
写真左が今までのボール、右がMX1000になります。
縦横よりも、厚さがあります。

ボールの時には、一瞬反応が遅れて動き出していたのが、これならば、
すぐに反応して動いてくれます。
また、コードレスだけど充電電池内蔵なので、電池交換の手間も無し。
本体に電源残量が一目でわかるLEDがあるので、無くなる直前に、
親機兼スタンドに装着すればOK(メモリ効果が怖いので常に充電はしない)
物理的にOFFもできるので、しばらく使わないときには、便利かと。

まだ慣れていないのが、便利ボタン達。
ブラウザの戻る進むボタンとか、アプリランチャーボタンとか、
横チルトスクロールなどには、まだ慣れていませんw
光学マウスの挙動が気に入らない人、ボールから卒業したい人は、
レッツMX1000!(ぉ


ランキング参加中なので、
宜しかったらクリックお願いしますm(__)m

|

« 東証システム、耐用期限過ぎていた。導入は10年前 | トップページ | 「いただきます」って言ってますか? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17241/8321468

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は、MX1000にしびれてみる:

« 東証システム、耐用期限過ぎていた。導入は10年前 | トップページ | 「いただきます」って言ってますか? »