« 次の10年へ | トップページ | 今日は、MX1000にしびれてみる »

2006年1月23日 (月)

東証システム、耐用期限過ぎていた。導入は10年前

asahi.com: 東証システム、耐用期限過ぎていた 導入は10年前 - ビジネス

はい、くるくる回っている人がタイーホされた
みたいですが、いろいろアレでナニなのでスルー。

東証のシステムは、てっきり富士通製と思っていたら、
実は日立で、しかも10年前のメインフレームとの事。
メインフレームな仕事はしたことがないけど、
ミッションクリティカルな場所なんだから、もう少し
数年ごとに、要求処理能力を計算しながら、早めに
次期システムを考える物なのではないだろうか?

しかも、次期も500万件の処理能力って、
どこのアフォが設計をしたのか気になりますね。
最終的に7-800万件にするらしいけど、
10年もつのかな?


ランキング参加中なので、
宜しかったらクリックお願いしますm(__)m

|

« 次の10年へ | トップページ | 今日は、MX1000にしびれてみる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17241/8303555

この記事へのトラックバック一覧です: 東証システム、耐用期限過ぎていた。導入は10年前:

» 東証のシステム [半端人生]
東証システム、構築は10年前ですでに耐用年数もオーバーしていた(スラッシュドット・ジャパンより) 基幹業務に使用されるメインフレームは長期間にわたって運用されるが、何年も経過すると当時のシステムに精通したスタッフが居なくなったりして、半ばブラックボックス....... [続きを読む]

受信: 2006年1月24日 (火) 02時55分

« 次の10年へ | トップページ | 今日は、MX1000にしびれてみる »