« 3万ヒット! | トップページ | 青画面は素敵で出来ている »

2006年6月18日 (日)

サラリーマンは合法的に殺される?

ここ半年、仕事が愉快で楽しい毎日です。
まだ30代前半なんだけど、元々運動嫌いなこの身体には、
結構ハードな生活で大変です。
小さい会社で、年俸制を採用しているので残業も出るわけが無く、
ボーナスもしばらく見たことがない生活をしています。

で、前置きが長くなりましたけど、素敵な労働契約法が
出てきたみたいです。

労働法制見直し始動 一定年収で残業代なくす制度も提案(asahi)

何をする法案かといえば、
1)残業代を25%から50%にupする。
2)年収400万以上の人は、残業代無し。
3)解雇時に金銭的解決を出来る。
が、メインでしょうか。

1)について言えば、施行されたら、会社は残業は30時間までしか
つけませんよと言うか、残業が多い人には帰れとか休めとか言い出して、
プロジェクトに支障を来すようになるでしょう。

2)についていえば、大企業や中企業で30代の人は、そろそろ、この金額には
達しそうだから、残業代無しにされそうです。

3)は、こちらに問題がない場合でも、簡単にクビにされてしまい、
その時に裁判なんかになっても、会社から手切れ金を渡されて終わりに
できる様になる見たいです。

年収が満たない、バイト生活だから安心とかいってられません。
残業代が無いなら、定時であがるぜーと思っていると、簡単にクビにされます。
バイトとかにも、いろいろ制度があるみたいなので、逃げられません。

ようやく消費が上向き風味になってきているところで、また素敵制度。
これは雇用を無くす方向に持って行って、日本を潰すもくろみなのでしょうか?
ていうか、最近の法案はヘンなのが多すぎだと思うのですが、日本の
将来は大丈夫でしょうか?ダメですか、そうですかorz

給料も安いし、仕事も厳しいコンピュータ業界の人間は、どんどん
過労死で、楽しそうな未来が見えていますよ?!

2chのまとめサイトらしいです。
国民政治参加運動 - Wiki -
【残業しても残業代ゼロ】ホワイトカラー・イグゼンプション制度
(サービス残業合法化)反対!!【過労死促進】

追加ネタ
厚生労働省:労働者の疲労蓄積度チェックリストについて
このチェックリストで、何を言われたって会社が労働時間を
減らしてくれる訳じゃないし、給料を貰わないと喰っていけません。

ランキング参加中なので、
宜しかったらクリックお願いしますm(__)m

|

« 3万ヒット! | トップページ | 青画面は素敵で出来ている »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17241/10570967

この記事へのトラックバック一覧です: サラリーマンは合法的に殺される?:

« 3万ヒット! | トップページ | 青画面は素敵で出来ている »