« Qステア電池 | トップページ | 父の威厳 »

2006年10月 9日 (月)

狼と香辛料III 読了

行商人-チキン-ロレンスと、賢狼-魔性の女w-ホロの二人の珍道中(?)
毎回、ホロの冗談とも本気ともとれてしまう、上手い具合な迫り具合に
オロオロするチキン野郎ロレンスも、年下の小僧に女を取られては
困るとばかりに、今回は単独で頑張ります。

でもまぁ、ホロみたいに賢くて(老獪というほうが正しい)可愛い女の子に
迫られると、ドキドキオロオロしないほうがおかしいと思うので、
チキンなロレンスには、毎回応援してしまいますね。

3巻も、たんなる取引物のお話なのに、ここまでラブだコメだ商売だの
話を織り交ぜて、読める作品に仕上げているのは大変な取材と苦労が
あるんだろうなーと思う次第。

毎回、銀貨での支払いをしているけど、数百枚ってかなりの量に
なると思うんだけども、持ち歩いているのだろうか?
一部は商館に預けていたり、証書で持って居るんだろうけど、
そこら辺が気になるところ。

もう一つ、貨幣は様々な種類があって、いろいろ換金しているけど、
言葉が一つしかないのはなんでだろう?
3巻で、北の方の人の言葉が別ってのがあったけど、だいたいの街では
言葉が通じているし。
好意的解釈なら、共通言語をみんなが話せるとか、実際はその時々で
話して居るんだけど、それを表現するのが面倒だから割愛とか。

気になるセリフ
「ま、今のところぬしの腕の中が一番じゃからな。安心するがよい。」
「神と人が番になったという話はあるのですか?」
「なあ、ぬしよ、わっちを抱いてくりゃれ?」

ロレンス、さっさと告っちまえー!!w

すぱイしー ているず(著者HP)
ハイノハナ(絵師HP)

追記 10/13
みんな、クライマックス付近を読んでいて、「?」と思っていた
シーンですが、作者さんから訂正がありました。
重版がかかったそうなので、そっちで修正になるらしいので、
ファンなら、もう1回買いましょうw

狼と香辛料〈3〉 狼と香辛料〈3〉
支倉 凍砂


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ランキング参加中なので、
宜しかったらクリックお願いしますm(__)m

|

« Qステア電池 | トップページ | 父の威厳 »

読了・電撃文庫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17241/12211844

この記事へのトラックバック一覧です: 狼と香辛料III 読了:

» 狼と香辛料(3) [Alles ist im Wandel]
序盤のやりとりからやっぱりこの作品はいいなぁ、と思わされるわけですよ。 安心するというか、ホロとロレンスのやりとりは見ていてやっぱり楽しい。 なんだかんだで信頼しているホロの心情が感じ取れるわけですよ。 だからその分、中盤からのロレンスに対して情けなさという..... [続きを読む]

受信: 2006年10月10日 (火) 01時26分

» 狼と香辛料3 支倉凍砂 電撃文庫 [ねれの巣]
なんとも、にやにやが止まらない話です。序盤の馬車での会話とか、読み終わってからの [続きを読む]

受信: 2006年10月13日 (金) 11時45分

« Qステア電池 | トップページ | 父の威厳 »