« 世界樹の迷宮の同人誌を大漁 | トップページ | アドオン »

2007年7月10日 (火)

第二生命

そうか、生命保険のアレも、そういう意味だったのか。

Snapshot_020 Snapshot_027 2007_0710_0100_44921

写真左:
先日のブートキャンプ大会のスクショ。
恐ろしいことに、5種類のアクションを、みんなで連携して
動作させることが可能。

写真中:
大会主催者さん。かなり美人に作っているけど、
やはりガイジンチックな顔になっている。
※趣味なだけかも知れないけどね。

写真右:
やっぱり、和製が一番だね。撮影時間が夜に
なってしまって、ちょっと服が見えにくいorz

自分なりのセカンドライフをプレイしてみての感想はチラシの裏(ぉ

【結論】
このソフトを楽しめるのは、社交性があって、英語も
読み書きできて、自分で目的を見つけ出せる金持ちだけが出来る。

【詳細】
速いCPUと強力なGPU、大量のメモリと高速な光回線が必要。
まずは、一般人はここをクリアするのが大変かもしれない。
手っ取り早くカスタムするには、金が必要。
ガイジンもうろついているので、英語も読み書きできた方がよい。

もちろん、無料でアイテムを配っている人も居るが、探すのが面倒。
FPSなどになれている人は、操作系が似ているけど、超劣化で耐えられない。
メニューやウィンドウなどの日本語が、微妙すぎて真面目に遊ぶには
英語にしておいたほうがわかりやすいと思う。
けど、チキンな自分は日本語(ぉぃ

アイテムを装備するまでが、煩雑すぎる。
このゲームの概念は、ポリゴンとテクスチャなので、そこへオブジェクトの
作り込み、張り込みでキャラやアイテムを作っていく。

あくまで、コミュニケーションツールなので、そこら辺の人と会話や
売買をしていかないと、なにも面白くない。
名所巡りもテレポートで一瞬で移動できるけど、閑散としていて
やはり面白味に欠ける。

MMORPGだと、ひとまずソロで狩りに出かけて、ご近所さんと仲良くする
というシナリオが想定できるけど、こっちでは、いきなり町中で他人に
声を掛けるような感じなので、人見知りする自分には難易度高い。
かつ、日本人街でもガイジンの可能性もあるので、尻込みする。

まー、1回くらいは、アカウント作っても良いのではないかと。
ここまでのチラシの裏を読んでくれたあなたに感謝を。

Second Life 日本公式
→結局、英語サイトに飛ぶので微妙だけど。

セカンドライフ日本語版の歩き方(Second Life)
→左メニューの「セカンドライフ英語版の日本語化」の一番下の
 翻訳機は、装備した方が良いかも。

「セカンドライフ」日本向け正式サービスをにらみ、電通が最大級都市建設へ(痛いニュース(ノ∀`))
→ネットでは、マスゴミもブームを作るのは難しいらしい。



ランキング参加中なので、
宜しかったらクリックお願いしますm(__)m

|

« 世界樹の迷宮の同人誌を大漁 | トップページ | アドオン »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17241/15719171

この記事へのトラックバック一覧です: 第二生命:

» 生命保険見直し比較.com [生命保険見直し比較.com]
生命保険の見直し相談、生命保険の比較情報をお届けします。 [続きを読む]

受信: 2007年7月11日 (水) 00時03分

» セカンドライフ 日本語 [セカンドライフの世界]
セカンドライフ情報 [続きを読む]

受信: 2007年7月11日 (水) 18時48分

« 世界樹の迷宮の同人誌を大漁 | トップページ | アドオン »