« ねんどろいど ぷち らき☆すた シーズン1 購入 | トップページ | 教習所日記その6 »

2008年3月18日 (火)

児童ポルノ法 改正後の日本の妄想

※フィクションのつもりですが、改正が実現すると、現実になる可能性も何割かあります。

----------------------------------------

はじめは、秋葉原から人が消えた。
同人ショップも無くなり、空き店舗が増えた。
破廉恥な作品が消えたと、人々は喜んだ。

次に、コミケや同人イベント会場の主催者・来場者が消えた。
未成年に見える作品の頒布を行っていたからだ。
また、コスプレイヤーが未成年に見えるので、撮影者を取り締まった。
しかし、人々は、まだ自分には関係ないと、大人しくしていた。

次に、出版業界と映像業界の上層部が消えた。
破廉恥な作品を出していると言うことで、粛正された。
ト○ロやドラ○もんが見られなくなってしまった。
未成年に見える女優は、老け顔に整形するのが流行った。
未成年の老け顔な子は、公然の秘密でデビューして、一部人気になった。
しかし、人々は、まだ自分には関係ないと、大人しくしていた。

転機が訪れた。
夏休みに家族旅行で撮影した写真をPCの壁紙にしていた男性が逮捕された。
ある者は、子供のお風呂やプールの時の写真を単純所持で、ある者は、
アイドルグループのコンサート会場で逮捕された。

こどもクリニックの院長が逮捕された。やはり単純所持だ。
このとき、すでに産婦人科の数は深刻なほど減っていたが、医療関係者は、
子供に関わると、ヤバイと感じ、次々と診療を取りやめていった。
少子化と産婦人科の現象により、出生率の低下に拍車がかかった。

ある年、痴漢逮捕数より、性犯罪者逮捕数が超えた。
電車の中で、荷物に写真を滑り込ませて、そのまま捕まえる方法が
女子○生の中で流行した。
男女教師陣が、軒並み逮捕された。
否定をしているが、携帯電話の画像フォルダに、未成年の写真が多数
納められていた為、逮捕された。


そして、今朝、私のメアドに添付ファイル付きメールが届いた。
なんだろう、ちょっと開いてみるか。

ピンポーン。
ドンドンドン。

----------------------------------------

↑この世界、何人の日本人が生き残れるんだ?????

TBのあった、「混ぜるなキケン!」さんのエントリが、かなり
面白かったので、マネして妄想してみた。

詳しい内容については以下を参照してください。

小寺信良:「児童ポルノ法改正」に潜む危険 (1/3) - ITmedia +D LifeStyle
→相変わらず、コデラさんのコラムは、素晴らしい。


ランキング参加中なので、
宜しかったらクリックお願いしますm(__)m

|

« ねんどろいど ぷち らき☆すた シーズン1 購入 | トップページ | 教習所日記その6 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17241/40550104

この記事へのトラックバック一覧です: 児童ポルノ法 改正後の日本の妄想:

« ねんどろいど ぷち らき☆すた シーズン1 購入 | トップページ | 教習所日記その6 »